讀人館位在台北大稻埕,是文學書店與旅人會所。主人對民間外交、文化外交有使命感,開設讀人館用以接待來台作家、藝術家、學者及外國訪賓。

 

讀人館書店在聯藝埕的三進,可由大稻埕公園旁的安西街42號進入,或是從迪化街197號穿過聯藝埕的店家及庭院。

讀人館也是私人圖書舘,圖書室以外還有七個客廳充滿了中英日文藏書。讀人館大部分藏書是可以讓住客在館內借閱的,但不外借也不出售。

 

讀人館標誌意涵:打開的書即「讀」;書形如漢字的「人」;書背像傳統屋頂寓意「館」。藍色舊時文人布衣隱喻民間知識分子。

 

附註:讀人館不是旅館。除來台從事文化交流的國際人士,恕不招待一般旅客。

読人館は台北の大稲埕に位置し、ローカル性とグローバル性を兼ねる文学書店と旅人の宿泊会館です。成長している読者と創作者を支える国際的なグループです。

文学書店は“聨芸埕“の一番奥にあります。メインストリートの迪化街のお店を通って、さらに二つの庭園を通ってから、入り口が見えます。隠されているような感じです。

  

1920年代の二階建ての豪邸、初めて公開しました。日本でいう町屋、もしくは長屋のようなスタイルの建物です。現在、一階には多様化のお店4軒があり、二階には読人館です。読人館に一泊しましたら、当時商人達豪華絢爛の生活が実感できるし、大稲埕の独特の文化も分かるようになります。

The Readers’ House combined the spirit of 1920s literature, humanities and architecture. It is a building remains rich in evidence of these glorious boom times. In addition to the intriguing facades that are decorated in Western style, these old storefront houses are best known for being extremely narrow and deep. Behind each storefront was used as a factory or a warehouse. Today, the Readers’ House provides the one and only living experience to our members with spacious rooms and diversity of food, shopping and sightseeing choices.

1920 年代の長屋式豪邸をリノベーション!

 

READERS’ HOUSE

Rebirth of luxurious Taiwanese style mansion…

読人館に入り、台湾の歴史と文化を味わおう!

 

Take a journey into a centenary historic corridor decorated

with old Taipei scenery.

The Readers' Salon